Photography is Life

タグ:Diary ( 15 ) タグの人気記事

vol.235 step by step


作成したWEB SITEも記事数が増えてきて、少しはマシになってきました感じがします。
アクセス数も、少しずつですが増えてきました。
立ち上げてみると、楽しい面も多いですが、やはり難しい問題もありますね。
アクセス数にかなりムラが多いので、このあたりはコンテンツ内容の充実を頑張ります。

英語の勉強と仕事と写真の3つで、最近は動いています。
写真も英語も、中々上達具合を感じれるものはないので、停滞期に結果を求めすぎて燃え尽きないようにペースを
守りながらやっています。

もっと時間があればと日々嘆いていますが、そういって何もしないまま時間を無駄にしたくはないので
出来る限りのことをやっていきます。

もしよければ、下記にも覗きに来て下さい。
武田尾廃線跡、奈良(エキブロでもさんざんアップしていますが)、王子動物園など記事をアップしています。

Photography is Life


b0346885_18504394.jpg

b0346885_18503234.jpg
b0346885_18495522.jpg
b0346885_18491110.jpg
b0346885_18480762.jpg
b0346885_18483281.jpg


[PR]
by innovate0901 | 2015-10-30 19:09 | Others

vol.234 お知らせ

大変ご無沙汰しております。

更新しなくなって、はや一ヶ月ほど経っていました。

今まで写真から離れていたわけではなく、自分の表現場所づくりを再計画していました。
結局、wordpressを使い作ってみました。ある程度WEBの知識が要りましたが、今後の自由度を考えるとやる価値はあるかなと判断しました。

まだ出来上がったばかりなので記事数はほとんどありませんが、また覗いていただけたら嬉しいです。
アドレスは下記になります。タイトルは一緒です(笑)



[PR]
by innovate0901 | 2015-10-09 11:50 | Others

vol.216 New Stuff



久しぶりに新しいbagを購入しました。

久しぶりにとは言いましたが、実は昨年で3つもbagを購入しています。
トート×1 ショルダー×1 スリングバック×1
という感じです。
トートは過去からずっと使用してきているので、メリットもデメリットも
よくわかっています。

ショルダーとスリングバックを使用してみて思ったのは・・・
ショルダーは片側の肩が痛くなる
スリングバックとショルダーはモノを入れすぎると、
その重量で胸が抑えられて息苦しい。
でした。

体が細くて厚みがないので、ベルトの長さを最短に調整しても、
どうしても隙間が出来てしまいやすいんです。
上手く体にフィットしないので、荷重が後ろに、一部分にしかかからないんですよね。

以上のような理由で、今回はバックパックに初挑戦です。
使ってみたいとは思っていたのですが、ずっと買わずじまいでした。

今回の選ぶ際の条件が
・いかにもアウトドア用というよりタウンユースでも映えるスタイリッシュなデザイン
・ある程度の防水
・PhotoWalkに行くときももちろん使うのでインナーボックスが入る容量
の条件がありました。

何件かミナミの堀江のショップで物色して
最終的に購入したのが
写真のモデルです。




b0346885_18363624.jpg


MSPC(マスターピース) 
master-piece×victim
のコラボのバックパックです。
マスターピースは、昔から知ってはいたんですが、
いままで購入したことは一度もありませんでした。




b0346885_18364433.jpg
b0346885_18364444.jpg




b0346885_18364359.jpg

背負ってみて、あまりボックスにならないデザインと、
背中のPCを入れるところのパッド、サイドにGRが入るくらいのポケット。
背負うベルトの左右をつなぐベルト(これなんて言うんでしょうね?)
それと、この素材感とシルバーのバックルが気に入りました。


b0346885_18364434.jpg


今回の自分の条件を満たしているのは
これだ‼って感じでした。
このお店で店員さんにガッツリアドバイスをもらいながら決めました。
最後はジュースをテイクアウトで頂いて満足して帰路につきました。

しばらくは、こいつでタウンユースも撮影でも使っていこうと思います。

ま、bagは好きなんで、バックパックとの相性が合えば、
また増えていくかもしれませんが…


b0346885_18364829.jpg


[PR]
by innovate0901 | 2015-06-13 12:48 | Snap

Arts of Lights

日が傾き始めたときに現れる、好きな光の形。
休みの日に、出掛けないときにしか見れない光の形。
なんてことない形かもしれませんが、形、光の強さと周辺の影とのバランス、
現れるタイミングともに、この瞬間見とれてしまいます。


そんなわずかな時間しか見れない偶然の芸術の一つを、家の中で
見れるなんて幸せです。


b0346885_08171549.jpg




















b0346885_08171511.jpg





















b0346885_08203123.jpg






[PR]
by innovate0901 | 2015-06-09 08:27 | Snap

vol.206 My Ricoh GR



友人が主催するSNSのPhotoサイトに自分のGRについて寄稿しました。
せっかくなので、こちらにもアップします。

:RICOH GR
単焦点28mm(画素数は減りますが、クロップで35,47mmにも出来ます。) 
ズームなし
可愛さなんて微塵もない、潔いシンプルなデザインと機能に惚れて購入しました。
※デザインに関しては、賛否両論があるかもしれません、少しおっちゃんくさいって人も??
このcameraで
露出とは?
ISOとは?
画角とは?
構図とは?
の基礎を大分と学べたと思います。

おそらく、最初にズームありのcameraを購入していたら、買っていなかったでしょう。
基本は、自分で動いて構図を決めます。決してcameraが決めてくれません。
なので、撮れない場面も結構多いです。
本当に何でコレを最初に買ったのか思い出せません。

でも、スナップ写真の場合に限っては”撮るぞ!”と決めて撮るより、とにかく適当にパシャパシャ撮ったときの方が
いい写真が多いような気がします。これが人物であれば尚更その傾向があると思っています。
いつもBagの中に待機してくれている相棒です。







b0346885_18355078.jpg




















b0346885_18355091.jpg





















b0346885_18355137.jpg
























b0346885_18382492.jpg





















b0346885_18355022.jpg


[PR]
by innovate0901 | 2015-05-29 18:39 | Snap

Vol.185 My Thought

お久しぶりです。

もっと良い写真を、もっと具体的なテーマをと考え込み過ぎているのか、中々撮れなくなっている今月です。

cameraを持ち出していても、bagから取り出すことなく終わることがしばしば・・・。
写欲が上がりません。
これではダメだと、無理やりシャッターをきってもやっぱ楽しくないんですよね。
かといって写真はやめる気は1mmもありませんが。

もともとガジェット好きな人間だとはわかっていましたが、一度”画質”が気になりだすと
あのレンズならと、タラレバが止まりません。
A型の血がここぞとばかりに悪い方向に騒ぎます。

それが、”自分の腕に・感性に原因がある”ことも、”心に響くような写真”にならないことはわかっていても・・・。

今日は、ある写真のワークショップに参加させてもらいました。
そこでまた新しい出会いもあり、新しい価値観を見せられ、少し軽くなったような気がします。

もっと日頃から、たくさん写真を観ないといけないと思います。
”心に響くような写真”って、思いがけない身近なところにありそうな気がしてきました。




b0346885_00274202.jpg


















b0346885_00274274.jpg


















b0346885_00274248.jpg
X100T





[PR]
by innovate0901 | 2015-03-22 00:35 | Others

vol.100

何だかんだで、100回目を迎えました。

こんなに続いたのは初めてです。
いつもblogは三日坊主で止めていました。

なぜ続いたんでしょう?

数年前にblogブームに便乗して始めたblogは、
いつも何を書いていいのか分からなくなり、すぐに詰まりました。
(今でも詰まりますが、その比じゃありません。)
数回~数十回で書けなくなり、
明日明日と先延ばし・・・、そして放置・・・。

photo blogの場合は、写真が語ってくれるというか、逆にことばが邪魔に
なる場合もあるので、あえて写真のみのアップにしてみたりと。

2月に行ったカンボジアの旅行で、自分の小ささに気づき、世界の広さに気づき、
それらを自らの視点で記録したいと写真と向き合った運命的な4月。
それまでISO???ISO規格のこと???露出????えっ??!焦点距離????ピント?? ってくらい無知な人間でした。

本格的に撮りたいと思って購入したRICOH GR。
(今思えば、この手軽さが写真の魅力を気づかせてくれたと思っています。)

その後に、X-E2と悩みに悩んで購入したX-T1(今思えば、これが最善だったと思います。)


普段の光景を見る目が変わりました。
”こんな場所を見落としていたなんて”
”こんな場所があったんだ”
”こんなに光と影のつくるグラデーションが素晴らしいなんて”
いままでにない感情が溢れてくるようになりました。



新しい自分の誕生だと思っています。



そのキッカケをつくってくれた、GR、X-T1に感謝です。


b0346885_01293244.jpg











b0346885_01293344.jpg











b0346885_01295952.jpg











b0346885_01295917.jpg



上2枚:RICOH GR & 下2枚:X-T1 XF18-55mm
(GRは購入後数日後に撮った写真、X-T1は一番最初に撮ったであろう写真)

[PR]
by innovate0901 | 2014-11-24 01:38 | Others

vol.76 learned how to hold camera

恥ずかしながら、今の今まで知りませんでした。
カメラの持ち方・・・。

X-pro1のように右手側がフラットなcameraは特にそうですが、
ブレを抑えるにはレンズを持つ左手中心にしっかり保持するんですね。
さっきやってみたら、撮りやすいのなんの・・・。

X-pro1好きなんだけど、持ちにくいなぁ、シャッター押したときに
cameraがブレてるなーってこと、前々から思ってました。
これが原因だったんですね・・・。

また一つ勉強になりました。

そしてX-pro1が、さらに好きになりました。

b0346885_20355589.jpg
RICOH GR


[PR]
by innovate0901 | 2014-11-01 20:36 | Others

vol.46 New My Gear

これは、自分の拘りでしかないのですが、アクセサリーに凝る癖があります。

特にcamera bagにはかなり拘りたいという思いがとても強くあります。

購入したのは・・・


b0346885_08301322.jpg
b0346885_08301360.jpg
b0346885_08301397.jpg
b0346885_08301328.jpg
b0346885_08301303.jpg



ONA camera bag
model:LEATHER BRIXTON DARK TRUFFLE
になります。


オールオイルドレザーで、とても質の高いアンティークな雰囲気があります。
見た目より、革はまだ堅いです。使いこんで、さらにスクラッチを入れて良い味を出していきたいと思います。
パッと見、camera bagとは全く分かりません。


収納性は意外に高いです。
※D810などのハイエンドDSLRは、レンズ装着したままではサイズ的に少し無理があると思います。
このbagの収納性を”フル”に発揮するには、ミラーレスサイズがいいかも。



GOOD
・アンティーク調な質感
・camera bagと分からないデザイン
・普通に仕事としてのbagとしても使える


BAD
・オールレザーということで、bag自体が割と重い
・一応、メッセンジャーバッグなので体に密着して着用出来るのですが、
身体が華奢なためベルト一杯に縮めて密着させようとすると、ベルトの肩パット部分が胸辺りまでズレてしまうので出来ません


どんなものにでも、使う人にとっての良い点・悪い点が存在すると思っています。
もし、悪い点が一つも無い物が手に入れば・・・それ以上の物はもういらなくなりますね。


そして最後に、
めちゃくちゃ、X-PRO1やX-T1のスタイルに合います!!


[PR]
by innovate0901 | 2014-10-06 13:08 | Others

vol.30 スタジオ撮影にて

ライティングを学ぼうとに月1~2回の予定でフォトレッスンに通い始めました。
スタジオでのライティングなどを、モデルを使って実践的に学んでいっています。

やはり、というか自分以外の方はすべてNikon・Canonのcameraでした。自分は初回のときに色々と操作方法を
マニュアル見ながらやっていました。streetを撮るしかやってこなかったので、それ以外の操作方法は知りませんでした。単純に勉強不足です。
(特に、マニュアル撮影時EVF反映をOFF機能にしないとスタジオでは真っ暗でしか写りません。EVFの方は注意です。)
正直、細かな操作性はNikon・Canonの方がよさそうです、AFもやはりモデリングランプのみだとかなり暗いので、
ピントが合わないときもチラホラとあります。(MFがいいかもですね。)


撮影した写真をA4で初プリントしてみました。



結果・・・。



結構というか、全然いけるやん。
無理して、フルサイズに乗り換えなくても全然大丈夫。
本音言えば、そりゃNikon・Canonも使ってみたいですけど、台数増えすぎても全部は使えないし、そこまで予算もありません。
Nikon・Canonを使うなら、その時は何かを手放します。
(早々と機材に凝りだすと、上手く撮れない理由をcameraのせいにしてしまうんじゃないか、 というのも理由です。)

ポートレイト(他スタジオ撮影)は機材以外にも、ライティング(これすごい重要です!)・モデルとのコミュニケーション・ロケーションなど
他のスキルも必要だということが、身をもって理解できました。


同じ条件で動体を撮影しなければ、DSLRとX-T1(X-pro1はまだ使用していません。)は極端な差は無いと思います。


何か、より愛着が沸いてきたX-Seriesたちです。

b0346885_08282913.jpg


[PR]
by innovate0901 | 2014-09-21 14:00 | Potraite